トイプードル専門 坂戸ペットライフ

埼玉県川越市にあるトイプードル専門のブリーダーです。

  • 仔犬出産情報一覧
  • 坂戸ペットライフの子達
  • トイプードルについて

トイプードルについて

《プードルのスタンダード(JKC全犬種標準書より)》

それぞれの犬種にはそれぞれスタンダードがありますがここではプードルについて書いてます。
ドッグショーにおいても以下を基準として審査されます。

原産地

フランス、中欧

沿革と用途

フランスで人気化したことからフレンチ・プードルというような呼び名もある。
ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖といわれている。
サイズは4サイズがある。
16世紀頃からフランスの上流階級の婦人に愛されるようになってミニチュア・サイズのプードルが作出された。
ルイ16世(1754年~1793年)の時代にはトイ・プードルも作出されており、他の国にも知られるようになった。
南欧のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もあり、この犬は作業を容易にするため被毛の一部分を刈り取る習慣があった。
プードルはカモ猟に使用され、獲物の運搬を得意としたことからカットがほどこされ、次第に美的な要素が加味されてこんにちのクリップに発展した。

一般外貌

優雅な容姿、気品に富んだ風貌を備え、スクエア(四角い)の体構でよく均整がとれている。
慣例上の刈り込みによって、一層プードル独特の高貴さと威厳をたかめている。
プードルの特色であるクリップによって、多少の外貌表現に差を見るが、表現は知的であり、より優雅で気品を発揮しなければならない。

性格

利口、活発、従順で、しかも活動的な動作を示す。

頭部

スカル(頭蓋)はほどよく丸みを呈しストップ(両目の間のくぼみ)はわずかではあるがはっきりしている。頬骨と頬の筋肉は平らである。
マズルは長く真っ直ぐで、美しく、目の下にわずかな彫をもち、唇の引き締まった力強いマズルで、マズルとスカルは同じ長さでる。
歯は白く丈夫でシザーズ・バイト(上の切歯の内側に下の切歯の外側がわずかに接する)である。
両目は適度に離れてつき、形はアーモンド型である。
耳は目の高さまたは目よりもやや低い位置につき、頭部にしっかり沿って垂れ、耳は厚い。
耳たぶは長く、幅広く、豊富な飾り毛におおわれている。
鼻の色は毛色によってレバーとブラックがある。
ブラウン系のものは鼻、目ぶち、唇がレバー色で、爪は暗色、眼色は濃い琥珀色をし、被毛のブラック・ブルー・グレー・シルバー・アプリコット・クリーム(オレンジ)およびホワイトのものは、鼻・目ぶち・唇は黒く、爪は黒または毛色に近い色でもよい。
ただし、アプリコットのものは黒のほかにレバー色の鼻・目ぶち・唇、そして琥珀色の目、毛色に近い爪色も許されるが望ましくない。

力強く充分に長く、よい均整を保って頭部を高く上げている。のど下にたるみがあってはならない。

ボディ

キ甲は高く、肩は充分に傾斜し、背は短く丈夫で水平である。
腰は幅広くたくましい。尻はわずかに丸みをおびている。
胸は深く、適度に幅広く、あばらはよく張っている。腹はよく引き締まっている。

根元は太く、付け根はやや高く上に向いていて、決して巻いたり背負ったりしてはならない。
1/2程度に断尾する。

四肢

前肢は充分な骨量と筋肉をもち、肘から真っ直ぐに伸び、パスターン(中手=前足首と指の間)は強くなければならない。 指は小さく丸くよく引き締まっている。パット(足裏のふくらみ)は強固である。
後肢は強健な筋肉に豊み、スタイフル(膝)は健全でよく屈折し、腿は充分に発達して筋肉に富んでいる。
ホック(足根=かかと)は低い位置が望ましい。指、パット、爪は前肢とほぼ同じである。

被毛と毛色

毛質は比較的堅く、非常に豊富な巻き毛、縮れ毛、縄状毛が密生している。
毛色はきれいな一色毛であることを理想とし、ブラック・ホワイト・ブルー・ブラウン・レッド・アプリコット・クリーム(オレンジ)・シルバー・シルバーベージュなどがあり、同色内の濃淡がある。カフェオレ色はブラウン色系の中に含まれる。

歩様

健全で、自由な軽い動きで充分な推進力がある。

欠陥

失格 ①陰睾丸②一毛色以外の毛色  欠点 ①極端な不正咬合

参考

ショートリミングのクリップ
トリミングは、パピークリップ、コンチネンタルクリップまたはイングリッシュサドルクリップでもよい。パピークラスはパピークリップ、それ以上のクラスはコンチネンタルクリップ、またはイングリッシュサドルクリップのいずれかでなければならない。

基本的
クリップ

1:パピークリップは、顔、肢および尾の基部に短く刈り込まなければならないが、それ以外の部分の被毛は長くてもよい。

2:コンチネンタルクリップは尻(腰角)に毛房(ポンポン)を残して短く切り込み、顔、肢、指および尾は、肢に腕輪の毛(ブレスレット)または毛の先端の毛房(ポンポン)を残す以外、短く刈り込まなければならない。その他の部分の全被毛は残しておくべきである。

3:イングリッシュサドルクリップは、横腹でカーブして短く刈り込んで前肢の腕関節をのぞいた部分、および後肢に二本の短く刈り込んだ帯(バンド)の部分を除いて、後みは短い毛布状の毛を残すべきである。肢の腕輪(ブレスレット)毛先の毛房(ポンポン)をのぞき、肢は短く刈り込むべきで、その他の部分は全被毛を残さなければならない。

プードルのサイズ

アメリカやフランスなどで、体重別にタイニーサイズ、ティーカップサイズと呼んでいます。
人間同様に生まれてくるときにもともと小さい子や、大きい子がいるようにプードルも同様です。
又、母親や父親の大きさにも影響されます。

●トイプードル
(2.7kg~3.6kg)

とにかく良く食べて活発で元気が一番という方にお勧めなサイズです。

●タイニーサイズ
(1.8kg~2.7kg)

小さな子がほしいけどあまり小さいと心配という方にお勧めなサイズです。

●ティーカップサイズ
(900g~1.8kg)

とにかく小さければ小さいほど良いと言う方にお勧めなサイズです。
ただしこのサイズは食の方も細いし栄養管理もしっかり出来る方でないと難しいです。死に至ることにもなりかねます。

プードルのかかりやすい病気

低血糖症

体がぐったりしてケイレンをおこす。 血液中の当分の濃度がいちじるしく低くなり体がぐったりします。 子犬に良くみられますが、成犬でもすい臓のガンが原因でこの病気になることがあります。 また糖尿病治療のためのインスリンを多く投与した場合もおこります。 (ティーカップサイズなどの小さい犬におこりやすい)

睾丸停滞

睾丸が陰袋のなかに降りてこない。

てんかん

口から泡をふいて倒れる。脳を作っている神経細胞に何らかの異常がおこると突然足を突っ張らせ泡をふいて倒れたりけいれんを起こすことがあります。

白内障

進行すると失明する。目の水晶体の一部ないしは全部が白く濁る病気です。
進行すると視力が低下し失明に至ることもあります。

膝蓋骨の
脱臼

関節の骨がずれる。
ひざの関節の皿がずれるもので、先天性と後天性があります。
小型犬で膝蓋骨の脱臼が特に多く見られます。プードルの足の構造とはもともと脱臼しやすい構造になっており、そこに成長期の体重がプラスされ病気の症状が現れます。

眼瞼内反症

まぶたが内側にめくれている。
まぶたが内側に曲がり込んだ状態を眼瞼内反症といいます。
この症状になるまつ毛が角膜や結膜を刺激して角膜炎や結膜炎を引き起こすことがあります。

クッシング
症候群

毛が乾燥して脱毛する。
糖の代謝を助ける副腎皮質ホルモンが異常に多く分泌されることによって起こる病気です。
7歳以上の子が水分を大量に飲み以上に食べるようになったらこの病気ではないかと疑いましょう。

軟骨形成
不全

軟骨の形成不全の素因を持ち表骨の軟骨が石灰化するため以上に短い足になることがあります。
ミニチュアプードル、トイプードルでみられます。

レック
パーセス

生後1年以内の幼犬がかかる。股関節の大腿骨頭への血液の供給が不足し骨の変形や壊死がおこる病気です。成熟前の小型犬がかかります。

上記以外にもガンや皮膚炎などなどプードルのかかりやすい病気はたくさんあります。
犬は自分の異常を訴えることができません。そのため、犬に異常が現れたらまず最初に飼い主や家族が気づかなくてはなりません。
自分達が世話をし、一緒に生活している犬の健康状態をよく知っています。
いつもは元気な犬の行動や外見に変化が生じたらそれは異常が起きているサインです。
病気や怪我は発見が早いほど治療の効果も高く回復も早く犬も苦しみが少なくてすみます。

お問い合わせはこちら